仲介手数料の必要性を考える

仲介手数料とは何のお金なのか

業者が自由に定める

先ほど述べたように、仲介手数料は不動産業者が自由に定めることのできる手数料です。
では、業者はどのようなことを考えてその仲介手数料を設定しているのでしょうか。

まずは、売り手と買い手のポジションが重要です。
不動産を扱うに当たって、売り手から物件の情報を仕入れなければなりません。
いわゆる大家さんが物件の募集を受付、その情報をもとに買い手へ物件の紹介を行います。

このとき、同じ不動産会社がこの二社の毛薬を仲介するならば、この不動産業者は売り手と買い手の両方から仲介手数料をもらうことができるため、非常にうれしい状況だといえます。

業者はこのように自分が契約する相手の数を予測し、それによって生じる利益をもとに仲介手数料の設定をしています。

広告料が物を言う

仲介手数料が発生するのは物件の契約が完了したときです。
実際に買い手が売り手へ直接物件の賃貸交渉を行えばこの仲介手数料を省くことができますが、それは個人で行うにはあまりに複雑な契約かつ、万が一のときの対応が難しいため業者が行うのが一般的です。

また、売り手は不動産業者に物件の広告を依頼することがあります。
この場合、仲介手数料以外にも広告収入が期待できるため、仲介手数料を値引きして他社と差をつけることが可能になります。
実際に業者の中には紹介する物件はほとんど広告費が出るもので、その広告費によってほとんどをまかなっているところもあります。

このように、他方面での収入を期待して仲介手数料を下げる一方、サービスの質を重視して仲介手数料を維持する業者が様々あります。


シェア
TOPへ戻る